Exchange

創業CEO死亡でウォレット凍結は本当か?

Unchained、Unconfirmedは、Laura Shinというジャーナリストが作っているポッドキャストで、暗号通貨界の著名人を招いてのインタビュー形式で、Unchainedは2016年の6月にフォーブスのサイト上で始まった。2018年にLaura Shinが独立、独自運営になったが、まだForbesでも配信されている。Unconfirmedは新しく始まった短めのポッドキャストで、それぞれ毎週配信。Unchainedは約1時間、Unconfirmedは約30分前後。 さて、そのUncofirmedの2月8日の回はMyCryptoWalletのTaylor Monahanのインタビュー。最近「カナダの暗号通貨取引所、QuadrigaCXで、唯一のパスワード所有者の創設者が死亡、200億円相当の資産が引き出せない事態に」という件で、それが本当かどうかQuadrigaCXのアドレスを調べてみた話だが、結論から言うと、「そもそも200億円相当の暗号通貨が入ったウォレットは、コールド・ホット共に存在しない可能性が高い」ということになったようだ。 インタビューの中身を要約すると 死んだとされるCEOのGerald Cottonは、死ぬ2週間前に遺書を作成、不動産、飛行機、二匹のペットのチワワ、ペットのチワワの面倒を見るための10万ドル(!)を妻に残すと明記。そこまで準備していたのに死後にプライベートキーをどう誰かに残すか手配していないのはおかしいCEOが死んだインドは、偽の死亡証明書を発行する「ビジネス」があることでも知られる(そして死因の「クローン病」は、日常生活にはいろいろ支障をきたす大変な病気だが死ぬ人は少ない。死亡率1%前後)

02/13 3 min read
Great! You've successfully subscribed.
Great! Next, complete checkout for full access.
Welcome back! You've successfully signed in.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.