暗号通貨勉強会:Celsius・Maker Daiその他

この内容について話したポッドキャストです。 ■LidoのstETHの影響でCelsius 引き出し停止Lidoはステーキングサービスで、ステークした通貨と同じ価値にペグしたLidoの通貨が発行される。例えばEtherをステークすると1 ETHあたり1 stETHという通貨がミントされる。ここで得られたstETHでETHを買って、そのEthをまたステークしてstETHをミントする、と繰り返すことができる Lidoでは412万ETHがステークされ、これはBeacon Chainにステークされた全ETHの31.9%を占めた stETHのETHへの交換(stETHでETHを買う)がもっとも行われていたのがCurve。ここで、stETH-ETHのリクイディティプールの比率は1:1であるべきだが、これがETH:stETH=2:8となり、stETHのETHへの交換が難しくなり、stETHのETHへのペグがはずれだした 一方Celsiusは、ETHに6-8%の利子を出してETH預金を集めており、これをLidoで運用、パブリックなCelsiusのウォレットだけで$475M 分のstETH(409,170 stETH)を持っていた stETHのリクイディティが低くなったところでCelsiusのstETHからETHへの交換が難しくなり全通貨引き出し中止となった模様 ■MakerDAOによるDai運営方法アルゴリズム型ステーブルトークンのUSTが失敗したが、同じアルゴリズム型のステーブルトークン、Maker Daiはどうやってペグをキープしているのか。 最大の違いはDaiには担保があること。なおDaiはMakerDAOによって運営され、MakerDAOのガバナンストークン、MKRがある。 担保は2017年のローンチ当初はEtherのみだったが、その後Ethereumベースの他のアセットも担保に利用できるようになった。(BAT、

06/04 2 min read
Great! You've successfully subscribed.
Great! Next, complete checkout for full access.
Welcome back! You've successfully signed in.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.