ブロックチェーンによる
新しいデジタル世界を構築しよう

G.U.netは、ブロックチェーン技術の普及を目的としてEthereum互換ブロックチェーン上でのNFTや
DeFi(分散金融)などの分散アプリ開発(DApps)を体験できるG.U.Sandbox Chainの提供や情報発信を行うサイトです。

Cryptocurrency

暗号通貨勉強会:Otherdeed、Stripe、Fidelity、ENSなど

下記の内容について話した勉強会のポッドキャストです。 ■Otherdeedの土地NFTが販売開始Yuga Labsが、 Otherside メタバースの土地「Otherdeed」を一件あたり305 ApeCoinで販売開始、55,000個が3時間で売り切れた。Yuga Labsの収益は$318.7Mに。OpenSeaもその影響を受け、の1日あたりの取引高が史上最高の$470MとなったOtherdeadのミントで$177Mのガス代が費やされ、Ethereumのガス代は8000 GWEIまで高騰。Etherscanもダウン将来的にはApeCoinオリジナルのチェーンを作るとYuga Labsは発表ApeCoinはピークの4/28に$27.58Bの市場価値に■Stripeでのステーブルトークン支払いが可能に売り上げ$7.4B(1兆円弱)のペイメントプラットフォーム、Stripeがステーブルコインを使った送金を可能にすると発表Stripeを使ったマーケットプレース等が、自社のコントラクタ等に支払いをする際に利用できるようになるまずUSDCとPolygonで開始、将来的には他のステーブルコイン・ブロックチェーンも利用できるようにする計画TwitterもStripeユーザの一社で、SpacesやSuper Followsでのクリエーターへの支払いに利用する予定■Fidelityが個人年金でのビットコイン買い入れを可能に確定拠出年金運用で全米最大のFidelityが、個人の運用年金総額の20%までビットコインを買えるようにすると発表Fidelityを自社社員の年金に利用する23,000社が、今年後半にビットコイン運用を選択できるようになる■ENSの数字ドメイン登録急増3〜4桁の数字ドメイン登録が4/21から急騰。21日時点で1日あたり2,721件の登録があったが、1週間後には21,188件に。セカンダリーマーケットでも活発な取引があり、555.

05/07 2 min read

暗号通貨勉強会:Roninブリッジハック、Terraリザーブ$3Bなど

このブログの内容について話した勉強会の録音は上記に ■Axie Infinityハックのその後人気NFTゲーム、Axie Infinityが利用するRonin Networkへのブリッジがハックされ、173,600 EtherとステーブルコインのUSDCが25.5M(3月29日時点の価格で総額$612M)が盗まれたAxie Infinityの開発元のSky MavisはRonin Bridgeの9個のバリデータノードを持ち、うち5つが取引をバリデートする必要があるが、今回のハックでは、Sky Mavis自身が運営するバリデータノード4つと、Axie DAOが運営するバリデータノード1つのプライベートキーが盗まれた3月23日にハックされたが3月29日まで気づかなかった4月6日にSky Mavisは$150M調達。投資家はBinance、a16z、Paradigmなど。この調達と元々Sky Mavisが持っていた資金を合わせて今回のハックで失われた分は全て補填すると発表盗まれた額の多くはまだハッカーのウォレットにある https://etherscan.io/address/0x098b716b8aaf21512996dc57eb0615e2383e2f96一部は4月に入ってからTornado Cashを利用してミックスされたりFTX、Huobi、CryotoComといった取引所に移動されているhttps://etherscan.io/address/0x429a66e7bd829f9453cee5239bfeaf5657a11a3e■Terra、ステーブルトークンの価格維持ファンドを$3Bにすることを発表TerraがステーブルトークンUSTの価格維持のための準備金ファンドの総額を短期的に$3Bまで増やし、長期的には$10Bをゴールとすることを発表すでに自社トークンLUNAのプライベートプレースメントで$1B、

04/08 2 min read
Cryptocurrency

暗号通貨勉強会:BlockFi$100Mの罰金、Lunaが$1Bを調達など

2022年2月26日に上記録音のClubhouse勉強会で話した内容です。 ■BlockFi に$100Mの罰金BlockFiは高利回りなクリプト利子口座を提供してきたが、これは証券であり、証券としての登録をしてこなかった、とSEC(米国証券取引委員会)が判断、BlockFiは$50Mの罰金を支払うこととなった。合わせて32の州にも合計$50Mの罰金を支払うので、合計は$100Mとなった。 これにより、米国在住者に対して、BlockFiはクリプト利子口座の新規提供を取りやめる。既に預金している顧客は除外される模様。また、今後証券としての登録の手続きを行うとしている。 BlockFi以外にもクリプト利子口座を提供しているCelsiusやGeminiもSECの調査対象となっており、今後同様の措置を受ける可能性が高い。Coinbaseは利子口座を提供するとしていたが、昨年9月に計画を取りやめた。 ■Luna Foundationが$1B調達LUNAはステーブルトークン、Terra USD(UST)の価格安定のためのクリプト通貨で、USTの価格が$1を上回るとLUNAをバーンしてUSTをミント、下回るとUSTをバーンしてLUNAをミントすることで価格を$1に保つ。(米ドル以外のステーブルコインもTerraで発行されている)。 このたび、オープンソースのTerraプロトコル開発を行うLuna Foundationが、LUNAをプライベートプレースメントでファンド等に売却、$1Bを調達した。この$1Bは、USTの価格安定のために、UST Forex Reserveという資金プールにビットコインで保管される。将来的にはビットコイン以外のアセットにも分散しダイバーシティを持たせるとしている。 今回のプライベートプレースメントにはSolana・

02/26 3 min read
Cryptocurrency

暗号通貨勉強会:Solanaハック、米司法省による$3.6B回収ほか

この内容について話し合った暗号通貨勉強会の録音は上記のポッドキャストで聴くことができます。 ■SolanaハックSolanaをEthereumと繋ぐWormholeというブリッジのバグが悪用され、$325M相当のEtherが盗まれた。Wormholeは、Ethereum上でEtherをwETHにラップし、それがあることを確認の上Solana上でwETHを発行する仕組みだったが、Ethereum上にwETHがないのに、あると思わせてSolana上でwETHを発行、総額120,000 EtherがEthereumチェーン上に戻され失われた。 Wormholeのバグは1月なかばに判明しパッチが公開されていたが、それをデプロイする前の2月2日にこのハッキングが起こってしまった。このハックでEtherの担保がないwETHがSolana上に出回ったことになり、他のDeFiへの影響が懸念されたが、翌2月3日にWormholeの大株主のJump Capitalが全120,000Etherを補填すると表明して事件は一旦は収束した。 ■米司法省がBitfinexハックで奪われたビットコイン$3.6B分の取り戻しに成功2016年に起こった取引所Bitfinexのハックでは119,754BTCが奪われた。被害総額は当時の相場では$71Mだったが、現在価値にすると$4~5Bとなる。 このうち、$3.6B分を回収したと2月8日に司法省が発表、合わせて米国在住の30代の夫婦が逮捕された。秘密鍵はクラウド上のファイルにあった模様(ただし暗号化はされていた)。 逮捕されたカップルは、ロンダリングのため、数千個のアドレスを保有、複数の取引所にアカウントがあり、さらにWalmartのギフトカード、PlayStationなども使われていた。 また、逮捕されたカップルの妻がRazzlekhanの名前でラップをYouTube等にアップしており、その衝撃的内容から cringe rapper  と呼ばれ巷で話題になった。その一方で、サイバーセキュリティ、ソーシャルエンジニアリングについてのスピーカーをしたり、BitGoのコンサルタントだった時期もあるとも言われている。 参考:

02/11 2 min read
Cryptocurrency

暗号通貨勉強会: Orange DAO、Coinbaseほか

2022年1月29日に上記録音のClubhouse勉強会で話した内容です。 ■Y Combinator卒業生による投資DAOが発足ベンチャーアクセラレータのY Combinatorの卒業生だけが入れる投資DAO、Orange DAOが組成されるWeb3系のベンチャーのYCプレ・ポストのファンディングを提供するのに加え、YCに応募するのをサポートしたりメンタリングを提供募集するアイデアのリストあり(メインストリーム web3ウォレット、など)クリプトウォレットアドレスをHackerNewsのプロファイルにポストした後、移転不能NFTをミントDAO自体はLLCとして組織され、ファンドはOrange Fund、すでに1号ファンドはクローズしDeFiのGoldfinchなど30社に投資これまでにYCを卒業したベンチャーは3300社、うち1000人のファウンダーがOrange DAOに参加済み■Coinbaseの扱い銘柄になったトークンのパフォーマンスは?Coinbaseは2021年に方針変更し、よりたくさんのトークンをリストするようになったが、Coinbaseにリストされたトークンは一旦「Coinbse Effect」で価格が上昇(5日で91%)が、その後は下がり、6ヶ月、12ヶ月、2年、3年と時間が経つほどパフォーマンスが低下2020年にCoinbaseにリストされたトークン17種類と、Coinbaseの審査に落ちたトークン13種類を比べると、リストされたものはドルベースで200%のリターンがあった(ただしETH/BTCよりもパフォーマンスは悪い)が、審査に落ちた方は1800%のリターンがあったさらにVCファンドのa16zが投資したトークンのパフォーマンスは平均より悪いa16zとCoinbase Ventures両方から出資を受けたがCoinbaseにリストされなかったArweaveのパフォーマンスはかなりよい以上、You Don't Own Web3": A Coinbase Curse and How

01/27 2 min read
Great! You've successfully subscribed.
Great! Next, complete checkout for full access.
Welcome back! You've successfully signed in.
Success! Your account is fully activated, you now have access to all content.